読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウサ山のマーケティング学習帳

年商1億ほどの事業を経営するも、停滞中。マーケティングを中心に学んだことを定着させるためにアウトプットの記録を残します。

インターネットビジネスマニフェスト ダイレクト出版 (1/3章)からの学びとタスク化

書籍

f:id:Oo0o0oO00o0Ooo0:20170305091647j:plain

教材:インターネットビジネスマニフェスト

書籍・リッチシェフレン著 中谷佳正監訳

 

いやー 買った後に気づいた。これ2冊目だw

初見では流し読みしてたんだろうな。無駄なことをした。

 

内容は、3章仕立てで

1章 インターネットビジネスマニフェスト

2章 ミッシングチャプター

3章 ファイナルチャプター

 

 ちゃんと読んでると学び・気づき・そこからの行動のアイデアが多くてとても書ききれないので、まずは1章分だけ。

 

 

インターネットビジネスマニフェスト(の、1章 インターネットビジネスマニフェスト

 

f:id:Oo0o0oO00o0Ooo0:20170305091719j:plain

じっくり再読して、印象に残ったポイント

  • フロントエンド商品、バックエンド商品
  • メルマガは今でも非常に有用なツールである
  • チャンス追求型と戦略型
  • ビジネス必須の12のパーツ
  • 自分がすべきビジネスの全体像
  • 自分の時間給という視点と計算式
  • 生産性とはどういうことか
  • アウトソースの正しい活用方法

 

改めて認識をした自分と自社の問題点

  • チャンス追求型に近い
  • マーケティングをしていなかった
  • セールスもしていなかった
  • 扱い商品をビジネス上の役割という点でとらえていなかった
  • メルマガをオワコン扱いしていた
  • アウトソーシングがアウトタスキングになっていた
  • 生産的時間が少なすぎた
  • ビジネスの仕組み化が全然足りない
  • それぞれの仕事を明文化・プロセス可できていない
  • 自分の時間給への意識が薄かった

 

認識した問題点に対しての解決案

  • 無意識にツールを追わず問題を認識してから解決できるものを探す
  • マーケティングを行う
  • セールスをする
  • メルマガの導入を開始する
  • 商品について事業における役割を考える
  • アウトソーシングを今よりも適正かつ積極的に活用する
  • 時間をコントロールすることに今よりも注力
  • ビジネスを仕組み化する
  • 各仕事のプロセスを見えるようにする
  • 時給を意識して雑事を減らす

 

で、その解決案のために具体的なタスクとして何をするか

 無意識にツールを追わず問題を認識してから解決できるものを探す

今使用しているツールの断捨離。「必要そう」なものの中での不要物を大胆に見直す。

新たにツールを探すときのルール作りとそのルールがあることを自分の記憶に植え付ける。

 マーケティングを行う

コンテンツマーケティングサイトから、リードにつながる仕組みづくり。ちょうどサイトは作っていたんだけど活用方法の戦略が甘かった。見込み客を集めるための仕組みを入れる。

セールスをする

今までは買いに来た人に売るだけしかしていなかったような・・・なんてもったいない。顧客接点すべての箇所で次につなげるために何をするべきか見直して組み込む。

メルマガの導入を開始する

これは上記のコンテンツマーケティングサイト、自社サイト、その他ECサイトすべてに顧客・見込み客をリード化するためのメルマガフォームを組み込む。

商品について事業における役割を考える

フロントエンド商品なのか、バックエンド商品なのか、どちらにも該当しないものなのか。新たにフロントエンドを作れないか、バックエンドを作れないか。メリハリをつけた商材の活用は競争力に直結するよなー。

アウトソーシングを今よりも適正かつ積極的に活用する

実はこれは結構できていた部分でもあるが、同時に「アウトソース先にの管理手間」がめんどうで、どうしても自分でできないことにしか使ってなかった。自分の時給の意識と合わせて考えるとこのままではダメだと認識したし、クラウドソーシングサイトを価格のたたき合いと愚痴っている人が多い現状はチャンスになると思った。これはかなり事業を加速できるブレイクスルーになりそう。

具体的にはプロジェクト管理の基礎を再度学習(時間を決めて)、プロセスマップを作る、アウトソースの指標を作る、アウトソーサーへのインセンティブを考案する。


時間をコントロールすることに今よりも注力

これもやろうとしていたことなので、今やるべきとの自信をもって進めることにする。自分のスケジュールに、5分でも10分でも大事な予定を入れてしまえ!ということ。

ビジネスを仕組み化する

事業全体の設計図を書く。7つの習慣第二で「終わりから始めよ」ってのがあったので事業の完成形を、フェーズ1.2.3ぐらいに分けて書くことにしよう。

各仕事のプロセスを見えるようにする

業務それぞれに手順を作ってチェックリスト、プロセスマップに落とし込む。そしてそれを使って業務するための仕組みづくり。

時給を意識して雑事を減らす

紙に書いて見えるところに貼るのと、使ってるタスク管理ソフトで定期的に出現するようにしよう。

 

感想

まだ1/3しか読んでないけどやることがてんこ盛りになってきた。

今までと違う点は、大きな視点に基づいてるから「混乱」してないということだけどこれは大きな違いだ。

 

念のためにつけ足しておくけれど、このページで書いた現在の問題点、その解決方法やるべきタスクはすべて僕がやってる事業に関してだからね。

このページは、インターネットビジネスマニフェストの前半1/3から僕が学んで、生かそうと思った事柄を書いたので、別の人が読めばまったく違う課題と解決法が見つかるかと。

もし君が現状に満足してないなら一緒に学んでいきましょう。

仲間(というか道連れw)は居るに越したことはないからね!